講師規約

 

本講師規約(以下「本規約」といいます。)には、有限会社ライセンスパートナー(以下「当社」といいます。)の提供するひとつぼ塾(複数の生徒に対してインターネット双方向通信システムを利用して学びあるいはスキルを身につけさせることを目的として開講される講座)のシステム等を利用し、各生徒に講座を配信等すること(以下「本サービス」といいます。)に関して、先生(当社指定の方法で本登録が済んだ講師の方々を意味します。以下同じ。)の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社と先生の皆様との間の権利義務関係が定められております。当社の本サービスを先生としてご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

 

第1条(適用)

(1) 本規約は、本サービスの利用に関する当社と先生との間の権利義務関係を定めることを目的とし、先生と当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

(2) 当社が運営する本サービスに関するウェブサイト上で随時掲載する本サービスに関するルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとします。

(3) 当社は本規約を自由に変更することができます。この場合、変更後の本規約がホームページ等で公開されたときから変更後の規約が適用されます。

(4) 当社と先生が本規約と異なる事項を合意した場合、当該合意が本規約に優先します。

 

第2条(先生の登録)

(1) 当社は、先生候補者(本サービスにおける先生になることを希望する候補者を意味します。以下同じ。)に対して、運転免許証その他本条第2項で定める公的証明書による本人確認と、先生候補者の講座内容に関する活動経歴の開示を義務づけるものとします。 講座開講にあたっての最低レベルの開示情報としては以下の2つを求めます。

1) 顔が鮮明に判別できる正面向きの顔が写ったプロフィール画像

2) 受講を希望する生徒がその適否を判断できる活動経歴

 

(2) 講師の登録に際して、当社は、先生候補者に対して、当社が[本人確認書類]として認めている下記のいずれかの資料のコピーの提出を義務づけるものとします。

1) 運転免許証

2) パスポート

3) 住民基本台帳

4) 健康保険証

5) 住民票

 

(3) 資格保持や学歴などを講座のセールスポイントにする場合、当社は、先生候補者に対して、以下の資料のコピーの提出も義務づけるものとします。

1) 各種免許証

2) 学歴を証明する学生証や卒業証書

 

第3条(禁止行為)

(1) 先生は、ジャンルを問わず先生の自由な内容(事前に当社の了解を得た範囲に限る。)で教えることができますが、以下の行為については行わないものとします。

1) 犯罪行為その他各種法令に違反する行為および他人に迷惑となる行為

2) 告知内容と著しく異なる内容で講座を開講する行為(価格、内容、日時そのあらゆる条件を含む)

3) 当社の教育理念から逸脱する行為

4) 別の営利目的や宗教への勧誘を目的とした行為

5) ひとつぼ塾から外部サイトでの予約申込口に誘導する「広告的」な使い方

6) 生徒の個人としての人権やその他の権利を侵害するような行為

7) 生徒の肖像権やプライバシーを侵害しうる行為(写真撮影、動画配信などを含む)

8) その他、ひとつぼ塾で開催する講座として相応しくないと当社が判断した行為

(2) 先生がひとつぼ塾に相応しくない行為を行ったものと当社が判断した場合、当社はその事実をひとつぼ塾のホームページ上で公表することができるものとし、先生はこれに一切の異議を申し立てないものとする。また、公表によって先生に生じることになる損害などについて、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

第4条(講座の作成)

(1) 講座の作成から承認・公開について

講座の登録は登録専用フォームより行えますが、生徒の募集は、弊社による事前の審査・承認が必要です。審査の結果、弊社が承認した講座は、5営業日以内に弊社がホームページに掲載致します。なお、営業日は年末年始・土日祝祭日を除く平日となります。

 

(2) プログラム講座について

プログラム講座とは、最長2か月間を上限とし、複数回の出席を前提とするプログラム設計にて開講される講座のことを示します。なお、プログラム講座で開講される講座のレッスン頻度は以下を満たすものとします。 単発講座とは、一度きりで行われる講座のことを示し,以下の次項以下の規定において、単に「講座」という場合にはプログラム講座及び単発講座の双方を意味するものとします。

1) 1日あたりに実施できる最大レッスン回数は原則最大1回迄であること。(ただし、土日・平日開催など複数の開講パターンを想定し、やむを得ず一日の開催回数が変則的となる場合を除く。)

2) 1つのプログラム講座で予定の学習内容を終了するものとし、継続受講が必要になる内容でないものとする。

 

(3) 講座作成にあたっての禁止事項について

当社は、先生に対して、講座作成にあたって特に以下の項目を禁じています。

以下の方法での講座ページの利用

・本サイトを受講予約及び講座配信プラットフォームとしてではなく、広告媒体として使用する行為

・弊社が指定するライブネット教室を利用せず他の方法でのサービス提供(例:スカイプ、電話、メールでのやりとりのみでの役務提供など)

 

第5条(公開をお断りする可能性のある講座について)

先生が以下の講座を実施する場合、弊社は当該講座の公開を中止させ、またその後の公開を差し止めることができます。

1) ネットワークビジネスへの関与が疑われると当社が判断した講座

2) 政治に関連する講座

3) スピリチュアル・宗教に関連する講座

4) 教育とは別の目的のために開講されていると当社が判断する講座(営業、商材販売、採用、別イベントへの勧誘など)

5) 以前に本規約その他弊社が定める基準に違反した為に講座の公開あるいは先生の登録の権利を剥奪されている利用者により作成された講座

 

第6条(公開後の講座内容の変更)

(1) 受講予約がない場合について

講座が公開された後も受講予約がない場合、先生は、事前に弊社の了承を得て、講座内容の加筆修正を行うことができます。

開講日程(開講日時、定員など)・金額について変更があった場合も実体に則した形に修正・変更していただくことが可能です。但し、講座で提供するレッスン内容やレッスン方式が公開当時から大幅に異なるような内容の変更はできません。変更に関しては、変更内容を弊社まで専用フォームでご連絡いただき、事前に弊社の了承を得てください。

 

(2) 受講予約がある場合について

すでに受講予約がある場合でも、先生は、事前に弊社の了承を得て、軽微な修正について修正・変更していただくことが可能ですが、以下については原則行うことができませんのでご留意ください。

1) 金額の変更

2) 予約締切日の変更

3) レッスン日時の変更

 

第7条(講座に関するクレームや賠償請求)

先生が提供した講座につき、当初の告知内容と当日提供されたレッスン内容が異なることその他講座の内容や提供の仕方等につき生徒からクレーム、損害賠償請求等の申立てがあった場合、弊社は先生に対して事前の通告することなく当該講座の公開を取りやめることができ、その場合に生徒に生じた損害については先生が一切の責任を負い、当社は一切の責任を負わないものとします。なお、受講予約受付後の講座内容の変更が相次ぐ場合その他弊社が先生として適切でないと判断した場合には、先生の登録を抹消させていただきます。

 

第8条(受講料の設定)

(1) 受講料の設定について

受講料は、500円から20万円までは、先生が自由に設定することができるものとします。受講料については、材料費や教材費などの講座の受講以外に発生する諸費用も含めた金額とし、先生は、やむを得ない場合で、かつ講座ページの受講料(参加費)の補足説明欄に、別途発生する費用がある旨、その金額や支払時期等の詳細を事前に記載する場合を除き、生徒に追加の費用を発生することはできないものとします。

 

(2) プログラム講座の受講料について

プログラム講座における受講料は、全てのレッスン日程分の受講料の総額を提示するものとします

 

第9条(報酬のお支払)

(1) 単発講座の場合

弊社は、先生に対して、生徒から実際に回収した売上を各月末日で締め、当該売上に弊社が別途定めるパーセンテージを乗じた金額から必要経費を差し引いた報酬を翌月20日に先生の指定口座に振り込みます。20日が金融機関定休日の場合は、翌営業日となります。

 

(2) プログラム講座の場合

弊社は、先生に対して、生徒から実際に回収した売上を講座終了日の月末で締め、当該売上に弊社が別途定めるパーセンテージを乗じた金額から必要経費を差し引いた報酬を翌月20日に先生の指定口座に振り込みます。20日が金融機関定休日の場合は、翌営業日となります。

 

第10条(講座のキャンセル)

(1) 講座開講の義務とキャンセル・中止の禁止について

先生は、講座のレッスン日程を公開したときは責任を持って、告知した内容の通りに講座を開講する義務を負うものとし、当社の事前の了承を得ない限り、先生側の理由により、当該講座のキャンセル・中止はできないものとします。

 

(2) 先生が前項に違反して,当社の事前の了承を得ていないにもかかわらず,先生側の理由により講座をキャンセル・中止した場合,既に実施された講座の分については第9条の報酬が発生するが,その他の報酬は発生せず,また当該キャンセル・中止により,生徒その他の第三者から何らかの請求等をされた場合には,先生がその費用を責任を持って対応するものとし,それにより当社が被った損害についてはその一切を先生が賠償責任を負うものとする。

 

第11条(生徒とのコミュニケーション)

本件コミュニケーションとは、先生と生徒との間で、開催当日にチャットやマイクを通じて行うすべてのやりとりを指します。

先生は、生徒とのやりとりについては,本件コミュニケーションのみで行うものとし,レッスン中やレッスン外での個人的なメールや電話などのコミュニケーションをしてはなりません。質問の回答などはできるだけレッスン中におこない、レッスン外に発生した質問などは弊社を通じて行わなければなりません。

 

平成28年9月1日 作成

 

kiyaku2

riyokiyaku