講座の決め方

ライブネット教室の特性を知り、最も効果的で価値があると思われる知識の伝授を目指してください。講座の企画・運営について先生となられる皆様に理解いただきたい重要事項を記しています。

また、ご不明な点、疑問・質問、ご要望等がありましたら、goukaku@lpc.jpまでご連絡ください。

事務局

 

講座のプログラムを作成する前に

先生が講座の開講日やプログラムを決め生徒を募集する方法と、あらかじめ講座を掲示し生徒の申し込みがあれば講座をスタートする方法があります。

 

先生が開講日程を決める方法 生徒からのお申し込みを待つ方法
先生の作成プログラムにより講座をスタート 講座開催 生徒が集まるまで待ち講座をスタート
比較的、生徒が多いと見込まれる講座 講座内容 比較的、小人数しか申し込みがないと思われる特異性のある講座
最長2か月のプログラム

お勧めは週1~2回程度のレッスン

開催期間 個別指導の場合は1回で終了もあり
講座終了月に計算し、翌月20日にお支払い 報酬 講座終了月に計算し、翌月20日にお支払い
お勧めの教室は多人数を集客できるセミナー教室(定員45、180名) 教室のタイプ お勧めの教室は生徒のノートがチェックできる個別指導・グループレッスン教室(定員1~3名)

 

教室利用時間

10時~22時

年末・年始は利用できません。但し、年越し学習などの企画の場合は別途ご相談ください。

10:00~10:50 14:00~14:50 18:00~18:50
11:00~11:50 15:00~15:50 19:00~19:50
12:00~12:50 16:00~16:50 20:00~20:50
13:00~13:50 17:00~17:50 21:00~21:50

 

授業の予約

本登録の申請

教室や講座の集客方法の違いをご理解いただければ、講座の申請を行ってください。

1講座を開講する毎に、下記の内容を提出していただきます。

 

講座名
先生名
プロフィール
キャッチフレーズ
講座のポイント
学習ジャンル
申し込み締切日
開講日 ●月●日~●月●日 (毎●曜日)
レッスン時間 (  )番 (2時間のレッスンをご希望の場合は、連番で2つの数字をご記入ください。)
先生の人数 団体の場合は団体名
質問対応 あり なし
ブログ あり なし
印刷教材 あり なし
印刷教材のページ数 モノクロ  ページ

カラー   ページ

教室タイプ
講座料金      円 (1名の講座料金)

 

 

講座名・キャッチフレーズ

講座名は10文字程度、キャッチフレーズは20~30文字程度がおすすめです。

講座名やキャッチフレーズは、特に先生が多人数集まると予想される学習ジャンルは生徒側から見て差別化できる説明が重要ポイントになります。

※ 講座終了後、続きを更に受講する必要がある講座内容はお受け付けできません。必ず、2か月で完了するプログラムを組んでください。

 

良い例)初級編終了後、翌月から中級編の開始。中級編の入塾は生徒の意思により決定できる講座

悪い例)講座の最終日に、「続きは来月からスタートする講座を受講してください。」と説明する。

 

プロフィール

先生の経歴・職歴・学歴などをお書きください。

できるだけ詳しい方が、生徒のみなさんが安心します。講座の内容に関する経験等をお書きください。

例)愛媛大学を卒業し、○年間の保健師の経験があり、・・・

 

講座のポイント

講座のアピールポイントをご記入ください。

この講座を受けると~~になれる、頑張ることによって~~が変わる等、生徒の皆さんが具体的にどんなふうに変わるというように受講する生徒の目線から文章をつくると、生徒にもわかりやすく、生徒の目に留まる機会が増え、集客がしやすくなります。

 

学習ジャンル

講座のジャンルをご記入ください。

例)英会話、フィットネス、ヨガ、など。

 

申し込み締切日

締切日に生徒の申し込みがない場合は、その講座は開講せず、キャンセル扱いとします。日程を改めて、生徒を再度募集することはできます。

生徒の申し込みがあり、講座の開講が決まっている場合は、締切日以降も生徒の募集は行います。

 

講座の開講日・レッスン時間

最長2か月で完了するプログラムをお考えください。また、最終レッスン終了後、7日間は生徒が録画で学習する視聴期間を設けていますので、その期間を含んで、2か月で完了する日程を組んでください。

年末年始、ゴールデンウィーク等は生徒の欠席率が高くなる講座もあり得ますので、生徒が出席しやすいと思われる日程をお考えください。

 

レッスンの開始時間も同様に、生徒が出席しやすい時間で作成してください。下記の時間帯から選択し、番号をご記入ください。

※2コマのレッスンをご希望の場合は、連番で2つの数字をご記入ください。

例)10時から11時50分の利用 → ①、②

10:00~10:50 14:00~14:50 18:00~18:50
11:00~11:50 15:00~15:50 19:00~19:50
12:00~12:50 16:00~16:50 20:00~20:50
13:00~13:50 17:00~17:50 21:00~21:50

 

 講座プログラム

レッスンの回数分のテーマを決めてください。

例)英会話、4回のレッスン

① 空港での英会話  ② ホテルの受付での英会話

③ 買い物での英会話  ④ レストランでの英会話

 

先生の人数

団体の場合は、団体名をご記入ください。

複数の先生で1つの講座を受け持つ場合は、必ず代表者がお申し込みください。更に、団体名で申し込み、2か月の講座をレッスンごとに各先生が分担するというプログラムをお考えの場合は、レッスンごとに担当の先生のお名前をご記入ください。

 

質問対応

生徒からレッスンの内容に関する質問があった場合、事務局より先生へ質問内容を整理してメールを送信します。メール受信後3日以内に先生のブログで回答をしてください。

講座終了日から7日間までは質問対応をお願いします。

質問対応ができない場合は、本登録の際に「質問対応 なし」を選択してください。

 

ブログ

本登録が完了した先生の紹介ページでブログを書くことができます。ブログは、先生からのアピールや日常を紹介することができ、先生への信頼が高まります。先生は責任を持って随時、更新してください。更新内容は、開講講座に関連したもののみの投稿としてください。

ブログの更新が3か月滞っている場合は、ブログへのリンクを解除いたします。

ブログの更新が苦手な先生は、本登録の際に「ブログ なし」を選択してください。

 

印刷教材

印刷教材を用いたレッスンを行う際には、「印刷教材 あり」を選び、同時にページ数を記入してください。講座の金額にテキストの製作費を足したものが講座料金になります。

 

【テキストの製作費】

テキスト作成には以下の製作費は掛ります。仕上がりはA4・B5・A5サイズ、カラー最大60ページ、モノクロ最大80ページの中綴じ製本を作成します。ページ数が上限を超える場合は、分冊します。

カラー 500円

(4ページから28ページ)

650円

(29ページから60ページまで)

モノクロ 400円

(4ページから32ページ)

500円

(33ページから80ページまで)

 

なお、原稿は少なくともレッスン開始日の10日前までに必ずPDFファイルで入稿してください。原稿は表紙も含めて4の倍数で作成し、4の倍数以外は白紙で調整してください。

例)12ページ編集、48ページ編集

 

教室タイプ

個別指導タイプ(生徒定員:1名)、グループレッスンタイプ(生徒定員:2~3名)、一斉セミナー(生徒定員:45名、180名)から選択してください。

まだ決まっていない場合は、「検討中」をお選びください。

 

講座料金

1名の講座料金をご記入ください。金額は、先生本人がお決めください。

例)レッスン1回500円の講座で8回のレッスンの場合

講座料金は、500円×8回=4000円になります。

 

 

レッスン当日の流れ

①レッスン当日は、準備を完了後、弊社まで準備完了の確認メールを送信してください。

 

②必ず、10分前にはレッスンができる体制を整えてください。

 

③レッスン開始と同時に、動画のボタンを押し、動画を録画します。

 

④レッスン中の言動は、弊社の利用規約を遵守ください。

ライブネットレッスンは個人情報が守られる反面、匿名でのチャット投稿が可能であるため、一部の受講者の書き込みで生徒全員が不快に感じることがあります。細心の注意を払ってレッスンを行ってください。

 

⑤レッスンが終了すると、弊社までレッスン終了の確認メールを送信してください。

 

⑥レッスンの録画映像を指定された方法で弊社まで送信してください。

※ この録画映像の提出がない場合は、レッスン完了とは認められません。先生の報酬が確定されませんので必ず提出してください。

 

報告について

レッスン中、生徒とトラブル等があった場合は、必ず弊社まで報告してください。

レッスンの開始前、終了後には必ずメールで報告を行ってください。

 

欠席について

レッスンを欠席する場合は、判明した時点で速やかに連絡を入れてください。

欠席により休講となった場合、レッスン料は生徒に返金します。先生方には、返金にかかる実費、及び、手数料をご負担していただきます。また、1回のレッスンの休講につき、ペナルティーとして、レッスン1回分の受講料(1回分の料金×人数)を報酬から差し引かせていただきます。

また、生徒募集後、または、講座開講後、講座を続けることが無理な場合は、その講座はキャンセル扱いとします。その際には、生徒に未消化のレッスン料を全額返金いたします。上記と同様に、返金にかかる実費、手数料、ペナルティーを報酬から差し引かせていただきます。

 

禁止事項

生徒との個人的なメールでの通信(個人情報保護法違反となる可能性があります。)

レッスン中の個人情報の公開(安心して生徒が学習するため)

商品やサービスの販売(目的外使用に該当するため)

 

集客方法

各先生の紹介のページを弊社で作成します。先生は、プロフィール、講座の特徴、等をメールに添付して投稿してください。

また、各先生にブログを作成しますので、各自で管理してください。更新が6か月以上ない場合は、予告なく削除する場合がありますので、ご了承ください。

 

講座料金の決め方

1レッスン:500円以上(1名)

合計レッスン料:20万円未満(1名)

 

上記の範囲で自由に決めてください。但し、事務手続きの都合上、500円単位で価格設定を行ってください。

 

例)1レッスン2,000円で、テキスト(モノクロ32ページ)1冊を使用する講座の場合

レッスン料 2,000円
教材費  400円
消費税  192円
合計講座料金 2,592円

 

例)2か月間120,000円で、テキスト(カラー60ページ)6冊を使用する講座の場合

レッスン料 120,000円
教材費  3,900円
消費税  9,912円
合計講座料金 133,812円

※ 教材費と消費税は事務で一括管理していますので、先生はレッスン料のみ決定してください。